目次

天文
タイムマシーン


中編ドラマ 
連続四回
ロクロウと言う名のインド人 1

ロクロウと言う名のインド人 2

ロクロウと言う名のインド人 3

ロクロウと言う名のインド人 4


インド、コルカ

タで漫画教室

ある高名な大先生

横着者

病院

ご意見感想は
最上部の
「なんでも掲示板」
クリックして下さい

15日と月末にメニュー追加予定です

                  ようこそ番目のお客様です              
                                                            
                                    

            山松ゆうきち

     ■性別:男
         ■血液型:X型もしくはZ、もしくはA型
         ■住所:東京都西多摩紹介己紹介吸う
むさし野
         ■趣味:タバコ
         ■好きなこと:喫煙
     ټロクロウと言う名のインド人 1ーム:毎日欠かさず煙草を自自己紹介己紹介吸う

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

                                                                                                                                                                                                                                 サイキールリクシャーワーレーキドカーン            血だるま剣法                                自転車屋 ( ヒンディー語版 )                               ( ヒンディー語版 )                                  タコシエ (日本語訳付き)368円で販売                        タコシエ 700円で販売                                                                                                                      http://taco.shop-pro.jp/?pid=1167111                                                                      

     

         
         インドへ馬鹿がやって来た
           ( 日本文芸社 1575円)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

   平和                                                        

平和と言う尊い言葉があります。                                           平和の元は脅しであろうか。                                              万遍なく隅々まで脅しが行き渡り、漏れる事無く目を光らせなくては平和は維持出来ない。           当然、脅す方と脅される方に分かれ、権利と配分が違うから不満を持つ人は必ず居る。                      ですから、争いが無くなるとは思っていません。                                      「平和を、平和を。もっと平和を。」                                               と聞くたびに、                                                           「もっと脅せ、もっと取り締まれ。」                                                 と聞こえてしょうがない。      

                                                                 覚書

多分、アメリカがそうだから、日本もって気もしますが、                                  mixiも、yahooも、掲示板も、使用条件として、                                                                                             ”予告無しに削除する” と言う、きつい一文が入っています。                                  こういう一方的な、約束(契約)って成立するのかな?。                                     犯罪者の刑の通告でも、親しい人との約束

山松ゆうきち の小屋のフッター
 
 一話
 
ガンジス
   と
ドラッタ
一千万頭
の象と
三百人
の人間が
インドの覇
権をかけた
壮絶なる
闘争

「ヴァナラシの
戦い」
1〜5話全編は
こちをクリックして
立ちションベンに入って下さい

トップ
自己紹介
御意見は上部の何でも掲示版でお願いします
宇宙人はいない

山松ゆうきちのボロ小屋 <立ちしょんべん>



































12月から
インドコミック











kriyetic

comics

にて5回連続掲
載の予定

英語&ベンガル文字使用
左読み、横書き
170ページ


新メニュー

ヴァナラシの

戦い 2話

ガンジスの





インドベンガル語版
ヴァナラシの戦い

バラ


シの牙




ある高名な大先

生 2、

(奥さん倒

れる)

  

        ヴァラナシの戦い

   

         作 山松ゆうきち  画 沢本英二郎

               ダイジェスト版

               



              


                                                                 
                                     巨象ガンジス 妻ヴァナラシ 息子ジャムナー

                                       
                                                                                                                                                                                                         
                             
                                                        ダンポウテンポウ(昔々)

太古の昔、豊かな大地インドを統治していたのは、

草原の王ライオンでも、森林を治める虎でもなく、

大きく、力の強い象の天下だった。      

       
  

山の民、黄色い人間ストロー達に

黒い巨象と恐れられたガンジスは、人間のわがままを許さなかった。

「木の茂る森も、野原に生える草も人間の物ではない。皆の物だ。」

象は人間達の火を嫌い、畑を荒らし、家を壊す。


                                                                                                                                                      

ストローは,何とかガンジスを殺そうと、崖から大きな岩を落とすが、

ガンジスは強く効かない。


  


海からやって来たドラッタ<黒い人>は、

タガネの武器を持ち、山の民ストローとの戦いに勝つ。

ドラッダは森や林を焼き続け、

邪魔な巨象ガンジスをおびき出す。




                                                                                                                               

                          

                                                                                                 <一話 了>
           
             ヴァナラシの戦い 2話 ガンジスの死 はこちらから
      
              バラナシの牙 インドベンガル語版 はこちらから
inserted by FC2 system